• ホーム
  • >スリングライフルで狩猟はできるの?

スリングライフルで狩猟はできるの?

Q. 狩猟免許はいらないの?

A. 法的に、スリングショットでの狩猟は自由猟法(「法定猟法」「危険猟法」「禁止猟法」のどれにも当てはまらない「法定猟法以外の猟法による狩猟鳥獣の捕獲等」)に含まれ、免許の必要な銃や罠などの法定猟法ではありません。
そのためスリングショットやスリングライフルでの狩猟は免許が不要です

※狩猟法では、自由猟法は厳密には狩猟に含まれず、あくまでも「法定猟法以外の猟法による狩猟鳥獣の捕獲等」に当たります。
以下では
「法定猟法以外の猟法による狩猟鳥獣の捕獲等」を狩猟として記載致します。



Q. 狩猟をするとき気を付けることは?

A. 狩猟の際、矢の使用は禁止されています。よって、スリングライフルに矢を込め狩猟をすることは禁止猟法に含まれます
矢の定義は非常にあいまいで、現場の警察の判断に委ねられます。
矢であると勘違いされるような弾を使用することは避けましょう。

また、狩猟をする際には猟期と狩猟可能な区域、対象狩猟鳥獣を把握し遵守しましょう
こういった情報は県ホームページなどに掲載されています。

狩猟場所としては、可猟区とスリングライフルの使用が禁じられていない指定猟具禁止区域、スリングライフルやその弾(主に鉛弾が禁じられます)が禁じられていない指定猟法禁止区域での狩猟が可能です。
鳥獣保護区域や特別保護区では鳥獣の捕獲自体が禁じられており、スリングライフルでの狩猟はできません。

また、指定された狩猟鳥獣以外の非狩猟鳥獣を誤射する事態を避けるため、鳥獣の同定と区別の知識を十分に持ってください。
紛らわしい個体への発射は絶対にお止めください。

「身体に重大な害を加える事が出来る道具」に当てはまるスリングライフルを公共の場で正当な理由無く持ち歩くことは軽犯罪法で取り締まりの対象になります。



Q.狩猟に持っていく物は?

A. ハンターマップは必ず携帯しましょう。
ハンターマップには狩猟に関する様々な情報が記されており可猟区なども表記されています。
また、スリングライフル携帯の際に必要な「正当な理由」である自由猟をしている証拠になります。
スリングライフルは、直ちに取り出し使用できないようにライフルケース等に厳重に収納して現地まで携行してください。

また、鴨などの水鳥を捕獲する場合には、水上の獲物を回収するための釣り竿と回収具などの道具を用意しましょう。

これ以外に、解体に必要なナイフやまな板、保冷に必須なクーラーボックスと氷を持っていきましょう。



Q.威力は足りますか?

A.対象とゴムの温度によります。
スリングライフルはゴムの温度(気温)が低いと弾速、威力が低下します。
風雨なく日光の当たる暖かい日が適し
、降雪降雨時の狩猟は難しくなります。

気温は低くても10度前後まで
を推奨致します。

初速だけでなく弾の重さも加味したエネルギーが重要で、
軽い弾では仕留める事ができません

当店製品ではどの型も気温5度以上であればヒヨドリ、キジバト、コガモ、シギ類、スズメ等の小型鳥は体へのショットで落とすことが可能です。
息がある場合や死んだふりをしている場合、刺激して飛ばせてしまい見失わないよう
速やかに止め撃ちを行います

カルガモやマガモは打たれ強く、かたい羽根を持つため横からの被弾に強いとされています。
そのため体への被弾に耐えることがあります。
また水鳥という事もあり飛行不能になっても
泳いで逃げることが可能で、追いかけて捕らえることが出来ない状況も発生するため高難易度と言えます。

実際にはすべて
当たり所に大きく依存します。
どのような状況でも撃ち損じが発生する可能性はございますので、可能な限り対象に近づき精度を高めて狙う必要があります。




ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。

スリングライフルを狩猟に使用する際には、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」と「軽犯罪法」に目を通し、しっかり理解をした上で、法とルールを守って使用してください。


携帯について
スリングライフルは正当な理由(常識の範囲で理解できる正しい理由)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※猟場に携行する場合は、ハンターマップを携帯の上その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し使用出来ないようライフルケース等に厳重に梱包収納して現地まで携行して下さい。

私有地内での自由猟は携帯に当たらないため比較的自由に行うことが出来ます。
ご自身の私有地でない場合には必ず土地所有者の許可を得てください。

軽犯罪法につきましても定義が曖昧なため、一切の責任を負いかねます。
以上の記載は当店製品を使用する上での注意喚起であり犯罪の教唆又は幇助をするものでは御座いません。