新型の開発状況

<開発中>

■SSR-LCP-20R

弾種:各種9mm球形弾

20年式ラス型をベースに、着脱マガジンを取り入れナイロン樹脂製のストックを採用した次期フラッグシップモデルです。

着脱可能な箱型マガジンを採用することで確実かつ迅速に弾を補充でき、庭撃ちから狩猟まで幅広いシーンで利便性を向上します。
レバー給弾方式を採用し、必要時に即座で安全な給弾が可能です。
照準器(アイアンサイト)を標準搭載し中近距離に対応しつつ、光学照準器の弱点である暗い環境(森林・早朝・夕方など)をカバーします。
ピカティニーレールを装備し、遠距離に対応したスコープや各種照準器の搭載が可能です。
粘り強く耐衝撃性に優れるナイロン樹脂製ストックを採用します。
全長は約100cmに抑えつつ、20年式ラス型と同様の着脱式インナーレールを搭載し同等の精度・威力・整備性を有します。

開発予定:現在製造中です。
     10月の発売を予定(変更となる場合がございます)



※画像は完成予想図です。実際には仕様や外観が異なる場合がございます。



■SSR-BCT-20
弾種:各種9mm球形弾

ラス型をベースにボルトアクション式装弾を搭載した単発後装式モデルです。
フレームと一体化された弾倉に弾を複数発込める構造となります。
ボルトハンドルを操作することで
必要時に即座で安全な給弾が可能です。
ストレートプルボルトアクション方式の導入により、ボルトアクション式でありながら左利きの方でもストレスなく扱えるアンビ仕様の設計を可能にしました。
全長は約100cmに抑えつつ、20年式ラス型と同様の着脱式インナーレールを搭載し同等の精度・威力・整備性を有します。
ストックは扱い易さをさらに重視した設計としました。

開発予定:未定





<構想段階>
技術的に可能であり、試作・開発の可能性があるものを紹介しております。
将来的な開発を確約するものではございませんのでご了承ください。


■SSR-BW-20・BW-20C
SSR-CW-20・CW-20Cのブルパップ方式化計画です。
全長を60~70cmまでに抑えることが可能となります。
バックパックや小型ケースでのスリングライフル猟が可能になるだけでなく、全長の短縮は単発前装式との相性も抜群です。


■SSR-CN-20・CN-20C
口径7mm前後の小口径スリングライフルです。
小口径タングステン球形弾を使用し、冬季でも70m/s前後の初速を出します。
主に小型鳥の狩猟を想定しています。
小口径弾のため弾のコストを抑えることが可能です。