メンテナンスと改修

錆対策

錆は鉄フレームの大敵

鉄は大変強度に優れた素材です。しかし、錆が発生するという弱点があります。

錆には有害な赤錆と防錆効果を持つ黒錆(黒皮)が存在します。
赤錆は美観を損ねるだけでなく、鉄を侵食し強度を低下させる原因となります。

フレームは、定期的に汚れを拭き取り錆止め用のオイルを塗布しておくと長期保管に効果的です。樹脂を侵さないシリコン系のオイルを推奨しております。
当店では、機関部や機構等の可動部にはWD-40という防錆油を使用しております。

屋外使用で濡れた場合などには必ず水分を拭き取ります。乾燥後には防錆処理をしてください。

エタノールやパーツクリーナーを使用すると塗装が落ちる場合があるため、溶剤類の使用は避けてください。

剥がれた塗装は各種メンテナンスより再塗装が可能です。

ステンレス製フレームは錆が発生し難い素材になりますが、塩水などが付着した際にはしっかりと洗って拭き取ってください。
ステンレス製品でも鉄の部分は錆が発生します。機関部などには防錆油を使用することをお勧め致します。



スコープの調整

当てるために必要なゼロイン

ゼロインと呼ばれるスコープの調整は、スコープのレティクル(十字)を着弾点に合わせる作業です。
ライフルを固定し的の中心を狙い数発撃つことで着弾点を出し、着弾点にレティクルを合わせます。

スコープやマウント付近に大きな負荷や衝撃が加わった時やスコープを取り外した時にはゼロインを再度行い修正します。

気温によって着弾点は大きく変化します。気温が大きく変わった場合にもゼロインを推奨しております。

実射ではゼロインを行った距離と弾道を把握し、それより近距離であるか遠距離であるかによって標的の上または下を狙います。



分解整備

性能や安全性の保持には欠かせないメンテナンス

メンテナンスも、スリングライフルを運用する上での醍醐味の一つです。
良くメンテナンスされ使い込まれた部品は、各パーツ同士が馴染んで最高のパフォーマンスを発揮することが出来ます。

分解整備では摩擦によって削れた金属粉や紐のくずなどの汚れを取り除いたり、痛んだ部品の交換を行います。
メンテナンスのご注文も承っておりますので、ご希望の方はこちらよりご注文ください。

スリングライフルは大きく分けてフレーム・機関部・ストックの3パーツで構成されています。

フレームはレール内にオイルをつけた布などを押し込んで汚れを拭き取ります。

機関部は定期的な注油で長期間性能の持続が可能ですが、射撃回数を重ねるにつれ内部の部品が削れまたはなめり、摩耗が進むと暴発する恐れがあります。

削れ初めると鉄粉によって摩耗が加速する場合もあり、トリガーストロークが短くなったと感じたら取り換え時です。
型にもよりますが、フックとシアーは500~1000発ほどでの交換を推奨しております。
商品ページの各種メンテナンス欄より機関部整備・部品交換を選択してください。

機関部にネジを採用した機種は、定期的に適正な締め付けを行ってください。



改修

お好みの仕様に改修を承ります

・マウントレールの増設やバイポッドの取り付け
・ストックのオーダーメイドや塗装の変更
・ストックの長さ変更
・旧型スリングライフルの仕様変更(機関部変更、弾種変更など)

ストックは単体でもオーダーメイドを承っております。サムホールストックや塗装の変更など付け替えで用途に合わせて楽しむことが出来ます。

弾種を変更することで精度重視や威力重視など仕様を変える事ができます。
機種によりますのでお問い合わせ下さい。

機関部を取り換えることで2連発に仕様変更したり、より高性能な新型機関部に乗せ換えることが可能な場合がございます。